中国語の資格

必見!!初心者のための中国語検定攻略法

前回の記事で、中国語関連の資格には、下記の2つがあることをご紹介しました。

★ HSK(漢語水平考試)

★ 中国語検定

HSKは中国政府認定の資格で、TOEICのように説明文や問題文なども含め、全編中国語で行われるものです。国際的に通用する資格ですので、中国駐在や留学の予定がある方におススメの試験です。

一方、中国語検定は、日本語-中国語間の運用能力を測る試験です。日本での就活に役立てたい方、日系企業に勤めていて、今現在中国と取引のある方などにおススメの試験です。

今日は、この「中国語検定」を受ける方に向けて、中国語検定の攻略方法をご紹介していきたいと思います。

① 初心者が中国語検定を受けるなら何級?

「中国語の学習を始めたばかり…」という方が中国語検定を受験するなら、何級が良いのでしょうか?

人によっても違いますが、私個人としては、まず準4級・4級からチャレンジすることをお勧めします。

やはり、何かを行う際、基礎となる能力はものすごく大事です。

1+1=2ということがわかっていて初めて複雑な方程式を解けるように、また「あいうえお」が読めてこそ太宰治の作品を楽しむことができるように、中国語においても「ピンイン(中国語の漢字の読み方・平仮名のようなルビ)」という基礎が大事になってきます。

「ピンイン」が正しく聞き取れるか?

中国語の基礎的な単語について、そのピンインを知っているか?

簡単な文章の意味がわかるか?

これらの基礎的な能力がちゃんと身についているかどうかを測ってくれるのが、中国語検定なのです。

もちろん、人によっては3級から受けるという方もいらっしゃいますが、義務教育で習う英語の3級と比べると、中国語検定3級の難易度は少し高い印象があります。

中国語学習を始めたばかりで、現在ピンインの読み方に取り組んでいる方は、まずは「準4級・4級」を合格することを目標にしてみてはいかがでしょうか?

② 検定合格までに必要な勉強時間は?

これは、人によってかなり変わってくる部分かと思いますが、一般的に言うと、中国語検定準4級・4級に合格するための必要時間は、大体半年程度と言われています。

1日中中国語漬けの毎日を送っていれば、その必要時間はもっと短くなる傾向にありますが、やはり1週間に数時間程度の学習であれば、大体半年は見ておいた方が無難かと思います。

(自分を追い込むために、あえて3ヶ月後の試験に挑む、というのも一つの手ではありますが(^^;))

また、これからご紹介する「③ おススメ勉強方法は?」にも関係してくることですが、休みの日にまとめて5時間勉強するより毎日30分ずつ勉強していった方が効果的です。

有名な心理学者、ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線からもわかるように、記憶の定着には繰り返し復習をすることが大事です。

なので、毎日少しずつでも良いので継続して学習した方が、1週間にまとめて勉強するよりずっと効果的なのです。

③ 中国語検定のおススメ勉強方法は?

日本人は漢字文化圏に暮らしているので、非漢字文化圏の人々と比べて、元々リーディングの能力は突出して高いです。

しかしながら、中国語のリスニングに関していえば、リーディングほど簡単ではありません。

日本語と中国語の発音体系が異なっているため、中国語の中には日本人には聞き分けの難しい音が存在しているのです。

また英語と違って、一単語の音節自体が短いのに加え、カタカナ英語のように日本人に馴染みのある単語も、中国語の中にはあまりありません。

そのため、中国語においては、キーポイントとなる単語を聞き逃しやすい傾向にあります。

ここまでくれば、鍛えるべき能力はそう、リスニング力!!

中国語の文章は、パズルのような感じで成り立っています。

他吃晚饭。

という文章があったとしましょう。

「他 = 彼」

「吃 = 食べる」

「晚饭 = 晩御飯」

それぞれの単語の意味さえわかれば「あぁ、『彼は晩御飯を食べる』って言ってるんだな」とわかります。

そう、単語の意味を捉える能力、すなわち単語力さえ鍛えられれば、どんなことを言っているのか、推測できてしまうのです。

なので、中国語検定を受験予定の方は、中国語の単語を聞いて「ピンイン・漢字・日本語の意味」がぱっと思い浮かぶくらいまで、繰り返し中国語を聞きましょう。

また、自分でも正しい発音ができる人は、総じてリスニングの能力が高い傾向にあります。

自分で正しい発音ができるかどうかと、音を正しく聞き取れるかどうかという能力は相関関係にありますので、一見遠回りなようですが発音練習にも力を入れてみてください(^^)

また、一般的なテスト対策と一緒で、過去問を繰り返し解くことも大事です。最低でも3~5回分は、過去問などの実践形式の問題を解いてみてください。

制限時間なども意識することで、いざ本番という時、落ち着いて試験に臨めますよ~♪

◆◆◆ 中国語検定に向けての学習のポイント ◆◆◆

★ まずは基礎の級(中国語検定準4級・4級)からチャレンジ。

★ 毎日の隙間時間を利用して、10分でも15分でも勉強継続。目標1日30分!

★ 鍛えるべきはリスニング能力 = 単語力。「ピンイン・漢字・日本語の意味」の3点セットがパッと出てくるまで繰り返し聞く。

★ 発音の良し悪しとリスニングの能力は相関関係。発音練習も大事!

★ 試験の前には過去問を繰り返し解いて、出題の傾向を知る!!

終わりに

中国語検定は、中国語の能力を測る上で、とてもよく考えられた試験だと思います。

中国語初心者の方ですと、どこをどういう風に勉強していったらよいのか、迷子になってしまうこともあるでしょう。

そんな時、中国語検定は、自分自身が伸ばすべき能力を教えてくれる、良い道標になります。

中国語検定の4級・準4級には、中国語を勉強していく上で大事な基礎となる部分が、ぎゅぎゅっと凝縮されているのです。

「中国語学習について、どこをどういう風に進めていったら良いのか見当もつかない…」という方は、まずは中国語検定準4級・4級に合格することを一つの目標に進めていってみてください。

中国語検定対策の勉強を通して、いつの間にか中国語における基礎的な能力が身に付けられることと思います。

もし「どうしても一人での学習は不安…」という方がいれば、ぜひ下記のストアカの講座からご相談ください(^^)

レッスンで皆様にお会いできるのを楽しみにしております♪


ストアカ

江崎 知香

◆初心者の方大歓迎!!◆ 中国語 ゼロから速成講座

関連記事

  1. 中国語の資格

    初心者の方でも取りやすい!!中国語関連資格

    「中国語を勉強し始めたばかりだけど、何か簡単に取れる中国語関連の資…

  1. 中国語の発音

    【必見!】中国語の発音攻略 ~ピンイン編③~
  2. 中国事情

    中国のベストシーズンっていつ?
  3. 中国語の表現

    阿姨の衝撃!!中国語の呼称いろいろ
  4. 中国事情

    冬に深刻!! 中国の大気汚染
  5. 中国事情

    中国ってどんな国?
PAGE TOP