中国語の資格

初心者の方でも取りやすい!!中国語関連資格

f:id:ChikaEsaki:20181222234703j:plain

「中国語を勉強し始めたばかりだけど、何か簡単に取れる中国語関連の資格は無いかな?」

「中国語に関連する資格にはどんなものがあるの?」

「中国語関連資格を取りたいけど、何から始めれば良いのかわからない…」

中国語学習を始めたばかりの方の中には、こんなことを考えている方も多いのでは?

確かに、せっかく中国語学習をするなら、同時に中国語に関する資格も取得しておきたいですよね!

自分自身で「私中国語ができるんです!」と言っても、なかなか信用してもらえなかったりします(^^;) そこで、就職や転職の際には、その能力を証明する資格を持っておく必要があります。

f:id:ChikaEsaki:20181222234837j:plain

最近では、TOEICなど、英語関連の資格は持っている方も多いので、中国語関連の資格を持っておくことで、他の人との差別化を図ることができます。

そこで今回は、中国語に関連する資格にはどんなものがあるのか、また、初心者の方でも取りやすい資格は何なのかについて、ご紹介していきたいと思います。

① 中国語の関連資格にはどんなのがあるの?

では、早速中国語の関連資格にはどんなものがあるのか、一緒に見ていきましょう♪

(1)中国語検定

f:id:ChikaEsaki:20181222235500j:plain

 中国語-日本語間の運用能力を測る。

 英語で言えば英検のようなもの。

 1級が一番上で、準4級が一番下の級。

 日本で中国語を使う仕事に就く人には特にお勧め。

(2)HSK(漢語水平考試)

f:id:ChikaEsaki:20181222235532j:plain

★ 中国政府認定の、国際的な資格

★ 英語で言えばTOEICのようなもの。

★ 問題文から何から何まで全て中国語

★ 6級が一番上で、1級が一番下の級。

★ 中国に駐在するなど、海外で中国語を使う仕事に就く人には特にお勧め。

(3)通訳案内士試験

f:id:ChikaEsaki:20181222235657j:plain

★ 主に訪日中国人をガイドする時に役立つ国家資格。

★ 以前はこの試験に受からないと有償のガイドは出来なかったが、2018年からこの資格が無くても案内が出来るようになった。

★ 合格にはHSK6級、中国語検定準1級~1級程度の中国語力が必要。

上記を見ていただくとわかるように、いきなり初心者の方が通訳案内士合格を目指すのはかなりチャレンジングです…。

なので、まず中国語検定やHSKを受けて基礎を固めてからチャレンジするのが良いかと思います(^^)

② 初心者が受けるなら何級? ~中国語検定編~

中国語検定対策4級問題集[改訂版]《CD付》

さきほど、一番下の級は準4級だとお伝えしました。

なので、中国語を始めたばかりの初心者の方が受験するなら、準4級か、もしくは4級あたりから始めるのが良いと思います。

「初学者だけれど、いきなり3級にチャレンジする!」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ただ、私個人としては、やはり準4級や4級あたりのテキストから勉強を始めるのが良いかと思います。

というのも、3級レベルの知識というのは、やはり準4級や4級の基礎があって初めて上に積み重なるものなのです。なので、準4級や4級を受験するにせよしないにせよ、基礎的なピンインの読み方や文法の知識は、しっかりと勉強しておく必要があります

③ 初心者が受けるなら何級? ~HSK編~

中国語検定HSK公認テキスト1級改訂版[音声DL付]

これはなかなか難しい質問ですが、リーディングだけなら、一番簡単な1級は楽勝といってよいでしょう。というのも、日本人は漢字の知識があるので、勘の良い人ならノー勉(死語ですかね?)でも、消去法などで正解がわかってしまうのです。

なので、日本人がHSK対策をするなら、まずは徹底的にリスニング対策を行う必要があります。

なので、これも中国語検定準4級・4級を受験する時と同じように、まずは中国語の発音体系をしっかりマスターすることが大事になります。

なお、聞き流すだけで中国語が自然とわかるようになる、ということはまずあり得ません。自分自身がしっかり発音できるようになることで、ようやく中国語の単語の聞き分けが可能になります

なお、HSKでは中国語検定とは違い、一番簡単な1級でも、最初の説明から何から何まで全部中国語で説明されます。気付いたら問題文がすでに始まっていた、な~んてこともありますので、形式に慣れることも大事です!

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181223000100j:plain

結論になりますが、やはり中国語検定を受験するにしろ、HSKを受験するにしろ、基礎的なピンインの読み方をマスターするのが初心者の方にとっての第一関門となります。

ビルを建てる時もそうですが、きちんと基礎工事をしていないと、いくら高いビルを建てようとしても、グラグラの建物になってしまいます。

語学学習でもそれは同じ。いきなり高い級にチャレンジするのではなく、まず下の級から確実に固めていった方が良いと思います。急がば回れ。後々のことを考えると、実はそれが一番効率的な学習方法でしょう(^^)

なお、合格までの時間については人それぞれですが、初学者の方がこれらの試験に合格して何らかの級を保持するまでには、かなり集中した学習(と強い意志)が必要になります。

なのであくまでも人によりますが、半年程度は見ておいた方が無難かと思います。

私が現在講師を務めるストアカでも、中国語検定対策やHSK対策等、中国語関連資格に関する勉強方法のアドバイス等も行っています。

皆さまにレッスンでお会いできますのを楽しみに致しております(^^)

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の資格

    必見!!初心者のための中国語検定攻略法

    前回の記事で、中国語関連の資格には、下記の2つがあることをご…

  1. 中国留学

    【友人編】中国留学の思い出①
  2. 中国語の表現

    教科書には載ってない!?現地でよく耳にした実践中国語
  3. 中国語の学習方法

    幼児から学ぶ!! 語学習得のコツあれこれ
  4. 中国事情

    中国の大学生ライフ
  5. 中国事情

    中国の秋の節句!! 重陽節ってどんな日?
PAGE TOP