中国語の学習方法

幼児から学ぶ!! 語学習得のコツあれこれ

f:id:ChikaEsaki:20181218121900j:plain

我が家には、2歳の子どもがいます。

2歳児といえば、よく「イヤイヤ期がもう大変で~(汗)」とか「全然言うこと聞かなくて~(涙)」とかいう、子どもを育てる世間の親御さんの悲痛な叫びが聞こえてくる年頃でもあります(^^;)

自分が2歳児の時の記憶や感情をを掘り起こしてみると、

「2歳児には2歳児なりのプライドがあった」

「でも出来ないことも当然多々あり、それがめちゃめちゃ悔しい&恥ずかしかった」

「世の中の道理がわからないので、何をやったら怒られるかわからず、毎日戦々恐々としていた」

という感じでした。

でも、親になった立場からすると、

「え、何でまた牛乳こぼす?今日3回目だよね(-_-;)??」

「もう出かけるから靴履きなさいって50回くらい言ってんのに、なぜ履かん??」

「なぜそんなところで地面に転がり出す?しかも今めっちゃ雨降ってるよね??」

…的な感じで、2歳児の奇々怪々な行動に振り回されっぱなしというのが現状です…。

f:id:ChikaEsaki:20181218122139j:plain

とはいえ、2歳児ともなると、言葉を話せる子が増え、赤ちゃんの時には出来なかったことが少しずつ出来てくる成長著しい年齢でもあります。

私には子どもが一人しかいませんので、母親としての経験も、決して豊富な訳ではありません。

…が、今日は我が子や周囲のお友達を見てきた中で気付いた、一人の人間が言語を習得する上で大切なことをご紹介したいと思います。

大人にも応用可能ですので、参考になれば幸いです(^^)!

① 語学を使わざるを得ない環境に身を置く

f:id:ChikaEsaki:20181218122440j:plain

一にも二にも、何かを習得する時に、環境って大事だな、と思います。

2歳前後に話し始める子が多いと聞きますが、仮に2歳ピッタリに言葉を話し始めるとして、それまでにその子は下記の時間、「日本語」という言語に触れ続けていることになります。

子どもは1日の半分は寝てるとしても、

2(年間)× 365(日)× 12(時間)= 8760(時間)

これを大人の語学学習に当てはめてみましょう。

週1回1時間学習するとして、1年間は大体52週だとすると、

 

8760(時間)÷ 52(時間)= 168(年)

週1回1時間学習するとしたら、8760時間に達するためにはなんと【168年】必要になるという計算です。うん、そこまで生きる人類はいませんね!笑

f:id:ChikaEsaki:20181218122701j:plain

大人の方が経験を積んでいますから、もっと効率的に学べるとしても、やはりその言語に触れている時間が長ければ長いほど、習得できる確率は高まることに違いありません。

中国語だと、ネイティブと同等になるためには、数千時間は必要だと言われています。

f:id:ChikaEsaki:20181218122735j:plain

子どもが母語を習得する際には、「インプットもアウトプットもその言語で行わざるを得ない環境」に常に身を置いていることになります。

子どもの世界に忖度はありませんから、誰かに叩かれた時にやめてほしければ「やめて!」と自分で言わなければなりません。

また、お友達におもちゃを貸して欲しい時、「貸して」と言わずに黙って取れば、すぐにケンカになってしまいます。

そう、子どもは「言葉にして伝えなければならない」ということを、毎日身を以って体感しているのです。

仮に自分がそういう状況になっていなくても、誰かがそう言っているのを聞いて「じゃあ次は僕も使ってみよう」と真似することもあり得ます。

② 自発的に学ぶ

f:id:ChikaEsaki:20181218123001j:plain

言語学習に限りませんが、やっぱり人から言われて嫌々ながら学ぶというより、自ら「学びたい!」と思って学ぶ人の方が、習得するのにかかる時間は短くなる傾向がある気がします。

子どもの場合も、親が「早く言葉を覚えなさい!」と言ったから、早く言葉を覚えるというものでもありません。

でも、本来学びって、そういうものなのかもしれません。

心底から学習の必要性を感じるからこそ、人は自ら学ぶのです。

学習の必要性を感じていない人の所に行って「ね~ね~これ勉強したら人生変わるよ!やってみなよ!!」と言っても、その人の心には何ら響きません。

f:id:ChikaEsaki:20181218123030j:plain

おっぱいを飲む練習だったら、赤ちゃんがお腹の中で本能的に準備することですが、自分でスプーンを使ってご飯を食べることも、人とのコミュニケーションの仕方も、人間が後天的に学習するものです。

それも、誰かから言われてではなく、生きるために必要だからこそ自発的に学ぶのです。

語学学習においても、「自発的」「能動的」「主体的」というのがキーポイントになる気がします。

③ 学びを学びと思わず学ぶ

f:id:ChikaEsaki:20181218123107j:plain

これは、何かを習得する際には、最強のマインドかもれません。

子どもは、言語学習を勉強だとは思っていません。

「今日はこの単語覚えるって決めたから、絶対覚えなくちゃ!」とは思わずとも、毎日毎日の生活の中で、自然と言語を覚えていきます

もちろん、大人の方だと、ある程度「自分を追い込む」ことも必要かもしれません。でも、苦痛を感じながら嫌々やるより、語学学習を「楽しいからやる」「習慣だからやる」という風に持っていければ、最強だと思います。

f:id:ChikaEsaki:20181218123206j:plain

とはいえ、大人の方は、仕事に家事に育児にと、毎日とっても忙しいのが現実…。なので、隙間時間を有効利用するのが大切だと思います(^^)

そんな時に、スマホアプリの「Hello Chinese」はとってもおススメ! ゲームを攻略する感覚で、ネイティブの発音から、ピンインから、漢字の書き方まで多角的に中国語に触れることができます

何でゲーム感覚だと楽しいのでしょうか? それは、ゲームをして勝った、もしくは攻略できた時に「やったー!」「できた!!」と、脳の中でドーパミンがドパドパ出るからなのです。

これを語学学習と結びつけられれば占めたもの!笑

ゲームでの勝利を「この文法合ってるよ!」「今の発音よかったよ!」などの他者からの評価に置き換えても、同様に達成感などが得られ、語学学習のモチベーションを維持できると思います。

f:id:ChikaEsaki:20181218123514j:plain

★ 結論 ★

◆ 習得したい言語に触れている時間を長くする!

◆ インプットもアウトプットもその言語で!

◆ 自発的に、楽しく学ぶ!!

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181218125017j:plain

中国語学習にも、上記でご紹介した方法を応用してみませんか?

現在ストアカでは、中国語に全く触れたことが無い人でも、中国語の構造について体感的にわかる『60分で集中学習!! 中国語の文法マンツーマンレッスン』を開催しています!

パズル感覚で、楽しく中国語の文法について学んでみませんか?

皆さまにレッスンでお会いできますのを楽しみにしております(^^)

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の学習方法

    【実体験】私がやってしまった、誤った語学学習方法

    語学学習に限らず、人生何事もトライ&エラーです。…

  2. 中国語の学習方法

    英語よりシンプル!!? 中国語と英語の違いあれこれ ~文法編~

    前回は、中国語と英語の共通点について、皆さんにご紹介しました…

  3. 中国語の学習方法

    中国語を学ぶ3つのメリットとは?

    現在、中国語の使用人口は、英語と並んで世界で一・二位を争っています。英…

  4. 中国語の学習方法

    【目的別】おすすめ中国語学習方法

    巷に色々な中国語の学習方法が溢れる昨今。どんな風に勉強したらよ…

  5. 中国語の学習方法

    中国語学習で泣いた日

    中国語学習をしていると、ステップアップをする前には、要所要所で必ずとい…

  6. 中国語の学習方法

    【保存版】中国語学習の流れ

    突然ですが、皆様が中国語学習を行う目的は何でしょうか?「中国人…

  1. 中国事情

    今さら聞けない、中国の一帯一路構想
  2. 中国語の学習方法

    中国語学習で泣いた日
  3. 中国事情

    中国子育て事情
  4. 中国語の文法

    ゼロから始める!中国語文法
  5. 中国語の発音

    読み方が複数!?多音字あれこれ
PAGE TOP