中国事情

冬に深刻!! 中国の大気汚染

f:id:ChikaEsaki:20181201164652j:plain

いよいよ12月に入り、日本も少しずつ寒さが厳しくなってきました。

東京より寒い地域が多く存在する中国では、前回の記事でご紹介した「暖气(nuǎnqì)」と呼ばれるセントラルヒーティングシステムが欠かせません。

本格稼働!!中国の「暖气」って何?

・・・となると、寒さと共に本格化してくるのが、大気汚染です。

特に、新疆ウイグル自治区などの内陸部や、華北・東北部汚染が深刻となっています。

私は中国メディアを毎日チェックするようにしているのですが、そこでも毎日のように中国の大気汚染に関するニュースを報道しています。

そこで、今日は中国へ留学・出張・旅行を控えている方に向けて、中国の大気汚染に関して詳しくご紹介していきます。

① 中国語で大気汚染は何ていうの?

f:id:ChikaEsaki:20181201164624j:plain

大気汚染を差す中国語では「空气污染(kōngqì wūrǎn)」や「大气污染(dàqì wūrǎn)」などがあります。

が、現在日本でも報道されているような中国の大気汚染については、「雾霾(wùmái)」「雾霾天气(wùmái tiānqì)」「大雾天气(dàwù tiānqì)」と呼ばれることが多いです。

この言葉は、私が中国留学している時には、見かけた記憶がありません。

一説によると、中国の大気汚染が世間で広く問題視されるようになった2010年代以降に広まった、比較的新しい言葉だと言われています。

② 日本でも良く聞くPM2.5って?

f:id:ChikaEsaki:20181201164833j:plain

粒径2.5μm以下の、非常に小さな粒子状の大気汚染物質です。

髪の毛の太さが70μm・スギ花粉が20μmですから、その小ささがよくわかります。

あまりに小さすぎて、肺などから体内に取り込まれやすいため、呼吸器系疾患や循環器系疾患を引き起こす可能性があると言われています。

汚染がひどい期間は、窓を閉め切ったままにして、なるべく外出は避けた方が良いでしょう。

③ 大気汚染でどんな影響が出るの?

f:id:ChikaEsaki:20181201164935j:plain

ニュースを見ているとよく「『大雾天气』により、高速道路で5時間立ち往生」などといった報道がなされています。

トラックの運転手が「いや~本当に参ったよ。品物は生鮮食品だから、早く市場に届けなきゃダメになっちゃうのに…」などとインタビューに答えているのを度々目にします。

このように、車の運転飛行機の離着陸など、中国の交通網に多大な影響を与えています。

また、それ以上に深刻なのが、人体への影響です。

前述のように、呼吸器系疾患循環器系疾患を引き起こす可能性があるため、それらに持病がある方や、お年寄り・子どもは、特に注意が必要です。

④ 中国の大気汚染指数って日本と違うの?

f:id:ChikaEsaki:20181201165143j:plain

中国の指数は、日本とは違いますので、要注意です。

日本では「μg/m3」つまり、大気1立方メートルあたりに含まれるPM2.5の重量を見て、注意喚起を出すかどうかを決めています。

1日平均値1立方メートル当たり70μgを超えると、不要不急の外出や屋外での長時間の運動を控えたりするよう、注意喚起がなされます。

それに対して、中国が使用しているのは「空气质量指数(Air Quality Index=AQI)」です。

0 – 50       一级 优(優良)

51 – 100   二级 良(良)

101 – 150 三级 轻度污染(軽度の汚染)

151 – 200 四级 中度污染(中程度の汚染)

201 – 300 五级 重度污染(重度の汚染)

301 – 500  六级 严重污染(深刻な汚染)

ちなみに、500を振り切れること「爆表(bàobiǎo)」と言います。

つまり、計測不能の大気汚染ということです。

➄ 中国政府はどんな対策をしているの?

f:id:ChikaEsaki:20181201165212j:plain

中国政府も、ただ手をこまねいている訳ではありません。

大気汚染の原因は様々なものがあり、一概には「これこそが真の原因」とは言い切れません。ただ、工場や火力発電所・暖房用の石炭ボイラーなどから排出される大気汚染物質が、主な原因の一つと言われています。

そのため、政府主導で、工場の稼働を規制したり、石炭ボイラーをガスボイラーや電気温熱器に代替する取り組みが行われています。

それにより状況は少しずつ改善しているとみられています。

しかしながら、日本と比べると、特に冬においては、まだまだ空気がきれいとは言い難い状況が続いています。

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181201165313j:plain

正直に言って、中国の大気汚染は、現在の日本とは比べ物にならないくらい深刻です。

私の元同僚で北京に駐在していた方がいましたが、「部屋の中で空気清浄器を付けっぱなしにしていたが、部屋の空気がどれくらいきれいかを示す針は、最悪の数値を表示したままだった」とのことです。

私自身北京にいた時には、現在テレビで見るようなひどい大気汚染は経験していません。

が、生まれて初めて北京に降り立った時の、何ともいえない、物を燃やしたような、花火の残り香のような独特の匂いは、今でも忘れられません。

また、天気予報は「晴れ」なのに、どー見ても「曇り」の日ということも何度も経験しました。

多くの人に健康被害をもたらす大気汚染ですが、中国で今も何千万・何億人と暮らすお年寄りや幼い子ども達のことを思うと、他人事ではありません。

また、大気は地球を巡り巡っています

この大気汚染の問題をいかに解決していくかは、中国の問題であると同時に、人類全体が直面している課題なのかもしれません。

私が中国語講師を務めるストアカでも、中国事情を折に触れてご紹介していきたいと思います。

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています(^^)!

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国事情

    中国のベストシーズンっていつ?

    出張ではそんなことも言っていられないですが、もし旅行で中国に行くなら、…

  2. 中国事情

    爆買いDAY!? 双十一って何の日?

    気付けば、あっという間に10月も終わり…。あれよあれよという間…

  3. 中国事情

    中国のローカルな美容院でパーマをかけた話 ①

    《2011年当時 筆者撮影》今日は、最後に中国語に関する解説も…

  4. 中国事情

    本格稼働!!中国の「暖气」って何?

    最近、日本も朝晩は冷え込むようになりました。中国のニュースは毎…

  5. 中国事情

    暮らしの中の中医学

    中国の人たちと交流する中で印象的だったのが、みんな健康に気を遣って…

  6. 中国事情

    中国の恋愛事情

    恋愛…。本当に難しいですよね…。私自身も色々と迷走を重ねてきま…

  1. 中国事情

    新発見!人口動態から見る中国
  2. 中国留学

    リアル中国体験記 ~ 命の恩人 後編 ~
  3. 中国旅行

    【3日目】子連れ北京旅行記
  4. 中国事情

    イチから解説!中国の旧正月って何??
  5. 中国語学習のメリット

    気軽に始められる!! 2020年 中国語学習のススメ
PAGE TOP