中国語の学習方法

ゼロから始める!中国語学習3つのポイント

f:id:ChikaEsaki:20181126130203j:plain

今日は、初心者の方が中国語を始める際に押さえておくべきポイントを、3つに絞ってご紹介します(^^)

私は現在中国語講師として活動をしているのですが、生徒さんの中には、中国語検定を受験予定の方、仕事上で中国語会話を使用したい方、中国人の方とのコミュニケーションを目的とされている方など、色んな目的を持った方がいらっしゃいます。

でも、その目的は一見バラバラなように見えても、実は継続的に中国語を学習する上で、押さえておくべきポイントは共通しています。

そこで、今回は、その3つのポイントについてご紹介します。

中国語学習を効率的に進めたい方には、必見の内容です。

① 一にも二にも発音特訓!!

f:id:ChikaEsaki:20181126130442j:plain

やっぱり最初は発音練習は避けては通れません

「発音なんかマスターしなくたって、聞き取れるでしょ」と思ったそこのあなた。

特に、中国語の検定試験等を受験される方にとっては、発音練習は、一見遠回りなように思えるかもしれません。

確かに、中国語検定では、準1級以上の試験でない限り、発音の良し悪しが見られることはありません。

では、なぜ、準4級や4級の受験にも、発音練習が必要なのでしょうか?

なぜなら、自分自身が中国語の発音がどのような体系になっているのかを理解しなければ、中国語を聞き取れるようにはならないからです。

逆を返せば、発音練習をして、自分の体に正しい発音を叩き込めば、リスニングの能力も大幅に上がるということです。

欲速不达(急がば回れの意)という通り、中国語検定の合格を目的としている方でも、この発音練習はきっちり行っていきましょう

その際、間違ってクセを付けてしまうと、後で直すのに膨大な時間がかかるばかりか、リスニングも正しく聞き取れなくなってしまう可能性が高いです。

最初のうちは、先生に付いてもらいながらやるのが一番です!

ちなみに、中国語の発音で大事なのは、「口の形 + 舌の位置」です。

f:id:ChikaEsaki:20181126131847j:plain

大学時代に発音専門の講義を受けたことがありますが、そこで学んだことを要約しても、結局上記に行きつきます。

なので、私のレッスンでも、「口の形 + 舌の位置」を一つ一つ確認しながら、発音練習を進めて行きます(^^)

② 語彙力を付ける!

f:id:ChikaEsaki:20181126130610j:plain

私自身中国語学習を続けてきて、最終的にはこの語彙力がものを言うということを痛感しております。

…というのも、以前の記事『覚えておいて損はない!?中国語の特徴』でもご説明したとおり、中国語の文法は、まるでパズルのようです。単語を入れ替えることで、色々な表現が可能になります。

覚えておいて損はない!?中国語の特徴

つまり、知っている単語の量を増やせば増やすほど、様々な描写が可能になるということです。

例えば、簡単な例ですが、我(私)という単語と 吃(食べる)という単語があったとしましょう。

中国語の文法はS(主語)+ V(述語)+ O(目的語)なので、同じ文型でも、Oにあたる言葉をたくさん知っていればいるほど、色んな表現が可能になります。

这个。 私はこれを食べる。

上海菜。 私は上海料理を食べる。

饺子。 私は餃子を食べる。

炒饭。 私はチャーハンを食べる。

。 私は薬を飲む。

北京烤鸭。 私は北京ダックを食べる。

意大利面。 私はスパゲッティを食べる。

汉堡包。 私はハンバーガーを食べる。

f:id:ChikaEsaki:20181126130830j:plain

ちなみに、中国語検定でお話すると、一番簡単な準4級で約500単語、それより少し難しい4級だと、約1000単語を覚える必要があると言われています。

なお、単語の学習方法ですが、必ず下記の3点セットで覚えてください(^^)

(1)漢字(簡体字)

(2)読み方(ピンイン)

(3)意味(日本語)

人によって覚え方は様々ですが、必ず音を聞いて、(1)~(3)にリンクさせられるようにしてください(^^) それができて、初めて単語を覚えたことになります

なお、発音に関する①でご紹介したように、ピンインを正しく読んだり聞き取れたりしないと、(2)でせっかく読み方を覚えても、正しく理解できないことになってしまいます。

そのためにも、①は一番基礎となる能力なのです。

③ 中国語独特の語感を掴む

f:id:ChikaEsaki:20181126131021j:plain

中国語には、中国語ならではの特徴というか、独特の語感があります。そこを押さえておくと、中国語の上達が早くなります

例えば、副詞の『』や接続詞の『』などは、場合によって色々な意味になる、中国語独特の表現と言えると思います。これは、非ネイティブにとっては、なかなか使いこなすのは難しいところです。

また、英語でもよくありますが、中国語特有の言い回し(直訳しても意味がとれない)というものもたくさんあります。

下記に例を見てみましょう。

摆架子。 威張る。

吹牛。  ほらを吹く。

开快车。 (仕事の)ピッチを上げる。

没门儿。 見込みがない。

敲边鼓。 口添えをする。

ネイティブ同士の会話の中では良く使われますので、覚えておくと、より一層中国語を使いこなすことができるかと思います。

なお、中国語独特の語感を掴むところまで来ると、テキストで勉強するのはもちろんですが、確実に自分のものするためには、実際にネイティブの方が話したり書いたりする生の中国語に触れる、ということが大事になってきます。

もちろん、それに対して自分自身のアウトプットも大事です。

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181126131053j:plain

いかがでしたでしょうか?

建物を作る時もそうですが、基礎がしっかりしていないと、高く積み上げれば積み上げるほど不安定になってしまいます。

語学学習でも、基礎が一番大事なんですね!

特に①の発音練習を行う際には、独学ではなく、必ず先生について学習することを全力でお勧め致します。

・・・というのも、自分の経験からしても、発音が通じないと「発音通じない  ⇒ 中国人から『あぁっ?(注:日本語で言う「えっ?」です)』と聞き返される ⇒ それを繰り返すうちに心がポッキリ折れる ⇒ 中国語をしゃべらなくなる ⇒ いつまでたっても発音が上達しない」という負のスパイラルに陥ってしまうことが多いからです。

なので、中国語学習を続けるモチベーションを保つためにも、この発音練習は、先生に付いてしっかり行っていきましょう

私自身、これからも中国語初級者の方の悩みに寄り添えるようなレッスンを行っていきたいと思います。

2018年12月以降、中国語の発音に特化した講座も開講予定ですので、ぜひぜひご受講ください。

レッスンで皆様にお会いできるのを楽しみにしております(^^)

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の学習方法

    知ってびっくり!!? 中国語と英語の違いあれこれ ~発音編~

    前回は、中国語と英語の違いについて、文法的な観点からご紹介し…

  2. 中国語の学習方法

    【実体験】私がやってしまった、誤った語学学習方法

    語学学習に限らず、人生何事もトライ&エラーです。…

  3. 中国語の学習方法

    中国語をこれから勉強するあなたに伝えたいこと~ 発音偏 ~

    私が一番最初に中国語を勉強しようと思ったのは、まだ1…

  4. 中国語の学習方法

    【目的別】おすすめ中国語学習方法

    巷に色々な中国語の学習方法が溢れる昨今。どんな風に勉強したらよ…

  5. 中国語の学習方法

    【保存版】中国語学習の流れ

    突然ですが、皆様が中国語学習を行う目的は何でしょうか?「中国人…

  6. 中国語の学習方法

    学習の相乗効果アリ!? 中国語と英語の共通点

    日本人が勉強する外国語といえば、一番はやっぱり英語ですね!…

  1. 中国事情

    暮らしの中の中医学
  2. 中国ビジネス

    実は知らない?中国の国有企業!
  3. 中国事情

    中国のベストシーズンっていつ?
  4. 中国留学

    私が中国留学をおススメする3つの理由
  5. 中国語の資格

    初心者の方でも取りやすい!!中国語関連資格
PAGE TOP