中国語の表現

阿姨の衝撃!!中国語の呼称いろいろ

今日は中国語の呼称についてご紹介したいと思います。

中国人の方とお話する時、仲の良い人なら名前を呼び捨てにしたりしますが、それ以外の場合はどうしたらよいのでしょう?

早速見ていきたいと思います♪

 ①「~さん」と呼びたい時

f:id:ChikaEsaki:20181119124159j:plain

日本語では、この「~さん」は、男性・女性・年齢に関係なく使える、とっても便利な言葉ですよね!

外国人の方でも、日本人とやり取りすることが多くて慣れている方などは「san」を付けて呼んでくれたりします。私も、ヨーロッパの方と仕事でメールのやり取りをする時などは、相手の方がメールの冒頭に、「Dear Chika-san」と書いてくれたりもしました。何となく嬉しい気持ちになります(^^)

中国語ではどうなのでしょうか?

男性:○○先生(xiānsheng)

女性:○○女士(nǚshì)

そう、性別によって、名前の後に付ける言葉が違うのです。

そのため、事前に性別を知っておく必要があります。

中国の方の名前に関する豆知識については、下記の記事をご参照ください(^^)

【豆知識】中国人のお名前いろいろ

パーティーなどで「Ladies and Gentleman(紳士・淑女の皆さん)」と呼びかける場合には、中国語ではこの「先生」や「女士」を用いて、「女士们、先生们」と言います。(「们(men)」を付けることで、複数であることを表します。)

f:id:ChikaEsaki:20181119124236j:plain

また、上記よりもっと親しい関係の場合、中国人同士では、下記のような言い方もよくします。

○(lǎo):この○の中には、が入ります。あるグループの中で、比較的年齢が高い人に対して呼びかける場合に使います。

○(xiǎo):この○の中には、が入ります。あるグループの中で、比較的年齢が若い人に対して呼びかける場合に使います。

日本人がいきなりこれを使うのはハードルが高いので、仕事上でやり取りする人に呼びかける場合は、「先生」「女士」を使うのが無難かと思います。

② 「おじさん」「おばさん」など親族呼称を使う場合

f:id:ChikaEsaki:20181119124353j:plain

日本でも、「お兄さん」「お姉さん」「おじさん」「おばさん」など、実際に親族でなくても、呼びかけとして上記の呼称を使用したりしますよね?中国でもこれは同じです。

代表的なものに、下記があります。

男性に対して

叔叔shūshu):「おじさん」の意。小さい子がよく使うイメージ。

大哥dàgē):「お兄さん」の意。自分より年上の男性に使う。

女性に対して

阿姨āyí):「おばさん」の意。小さい子がよく使うイメージ。

大姐dàjiě):「お姉さん」の意。自分より年上の女性に使う。

小姐xiǎojie):「お嬢さん」の意。若い女性に対して使う。

なお、タイトルにもありますが中国で遭ったショッキングな出来事の一つに、まだ20歳そこそこだったにも関わらず「阿姨」と呼ばれたことです。

それは、別の記事でもご紹介した、私の命の恩人、張さんのお家に遊びに行った時のこと。張さんには、当時11歳の娘さん(日本で言えば小学5年生にあたる)がいらっしゃったのですが、その娘さんに向かって奥様が「ほらっ、早く『阿姨』と呼びなさい!」と促していたのです。

「姐姐」的な感じを期待していた私は、「『阿姨』って…。『阿姨』って…。いいよそんな無理に言わせなくてっ(T T)」と思ったのですが、奥様としては、この「阿姨」という名称こそが礼儀に適っているというような感じで言っていたのです。

自分(ここでいうと、この小学生の女の子)より年上の人に対して、「阿姨」を使うのは、相手に対する「敬意」を表しているんですね。

これから中国に留学に行かれる方、小さい子に「阿姨」って呼ばれてもびっくりしないでくださいね(^^;)

③ 家族に対する呼称

f:id:ChikaEsaki:20181119124427j:plain

爸爸bàba):「お父さん」の意。

妈妈māma):「お母さん」の意。

哥哥gēge):「お兄さん」の意。

姐姐jiějie):「お姉さん」の意。

弟弟dìdi):「」の意。

妹妹mèimei):「」の意。

…とまぁここまでは良いのですが、上記より範囲が広がると、父方か、母方かで、呼び方が日本語以上に複雑に分かれてきます。こんなところにも、血族を大事にする儒教的な文化が表れている気がします。

一つ一つ見ていくと大変なので、ここではよく使う、祖父母の呼称のみ紹介します。

爷爷yéye):(父方の)おじいさん

奶奶nǎinai):(父方の)おばあさん

老爷lǎoye):(母方の)おじいさん

姥姥lǎolao):(母方の)おばあさん

 ④ 職業別の呼称いろいろ

f:id:ChikaEsaki:20181119124555j:plain

日本でも、タクシーの運転手さんに対して、「運転手さん、そこの角を曲がってください」などと呼びかけたりしますよね?中国語でも、このように、職業によって、違う呼称を使い分けます。

师傅shīfu):運転手や料理人、職人などに対して使います。

老师lǎoshī):学校の先生に対して使います。

大夫dàifu):医者に対して使います。

同学tóngxué):先生が学生に対して使います。なお、学生同士の場合は、名前を呼び捨てにするのが一般的です。

なお、ここでは、会社での肩書(総経理など)については触れません。

また別の記事にて詳しくご紹介したいと思います(^^)

➄ お店の人が客引きをする場合

f:id:ChikaEsaki:20181119124831j:plain

中国に留学した当初ビックリしたのが、お店の人が「美女měinǚ)」と呼びかけてくること。「美女」って日本人はなまじ漢字がわかるだけに、何か面白い。笑

ちなみに、男性に対しては「帅哥shuàigē)かっこいいお兄さん=イケメンの意」と言って呼びかけたりします。

日本ではこんな場合、「お兄さん」「お姉さん」というようなことが多い気がします。「ちょっとそこのお姉さん、今日はいい魚入ってるよ~」的な感じでしょうか(^^;)

このように「美女」と呼ばれることも、中国に行って印象的だったことの1つです。

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181119124907j:plain

いかがでしたでしょうか?

ちなみに、全然知らない人に何かをたずねたい場合などは、「请问(qǐngwèn)/お尋ねしますの意」などと言って話しかければ大丈夫です!

また、最初のうちは「先生」と「老师」がたまにこんがらがりますが、徐々に慣れていきましょう(^^)♪

私が中国語講師を務めるストアカでも、時折中国の文化的背景の解説なども交えながら、レッスンを行っていきます。

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の表現

    意外と知らない!? 中国語の数字の読み方

    現代社会において、数字に触れない日は1日だってありません。…

  2. 中国語の表現

    知っておくと超便利!!今日から使える中国語フレーズ①

    今日は、これからもっともっと中国語を勉強していきたいあなたの…

  3. 中国語の表現

    イメージで掴む!量詞の使い分け

    今日は、私自身も時折悩む、量詞の使い分けについてご紹介します(^^)…

  4. 中国語の表現

    教科書には載ってない!?現地でよく耳にした実践中国語

    ※ 筆者撮影私は日本で2年間中国語の勉強をしてから、中国に渡り…

  1. 中国事情

    日本と全然違う!?中国の成人式
  2. 中国語の学習方法

    知ってびっくり!!? 中国語と英語の違いあれこれ ~発音編~
  3. 中国語の学習方法

    中国語学習で泣いた日
  4. 中国語の表現

    イメージで掴む!量詞の使い分け
  5. 中国ビジネス

    中国ビジネスあるある②
PAGE TOP