中国語の学習方法

【保存版】中国語学習の流れ

f:id:ChikaEsaki:20181108141649j:plain

突然ですが、皆様が中国語学習を行う目的は何でしょうか?

「中国人の友人や同僚とコミュニケーションを取りたい」

「中国に旅行に行った時、現地で中国語を使いたい」

「中国の歴史や文化に興味があるので、中国語を勉強することで理解を深めたい」

「中国語関連の資格を取って、就職活動や転職活動でライバルに差をつけたい」

 

もちろん、これらの目的に応じて、学習の方法というのは変わってきます

また、目で見て写真のようにそれを記憶できる人、耳が良くてわずかな音の違いも聞き分けられる人など、個人によって、得意な分野もそれぞれ違います

そのため、誰にでも適した万能な学習方法というのは、この世には存在しません。

f:id:ChikaEsaki:20181108141756j:plain

ただ、中国語を学習する上で、一般的な流れというものは、先人達が切り開いてくれた道のおかげで、確立しています。

そこで、今日は、一般的な中国語学習の流れについて、ざっくりご紹介したいと思います。

① 1つの言語をマスターする上で必要な能力って?

f:id:ChikaEsaki:20181108141821j:plain

そもそもの話ですが、1つの言語をマスターする際に必要な能力って何なのでしょう?

一般的には下記の4つの能力を伸ばしていくことが大切だと言われています。

 

(1)読むこと

(2)聞くこと

(3)話すこと

(4)書くこと

人間ですから、個々人の得意・不得意分野によってバラつきが出るのは当然ですが、理想を言えば、この(1)~(4)の能力をバランスよく伸ばしていくことが大切になります。

日本人の中国語学習者を数多く見てきて、日本人の読む(リーディング)の能力は元々突出して高いと思います。それは、日本が漢字文化圏に属していて、日常的に漢字を使用しているからです。

なので、日本人が中国語の能力をバランス良く伸ばしたいと思った時には、まず(2)~(4)を重点的に学習していくことが必要になります。

② 声調とは何ぞやを理解する

f:id:ChikaEsaki:20181108141921j:plain

さて、実際の中国語の学習を始める際にどこから手を付ければ良いのかですが、まずは声調の取り方から始めることが一般的です。

声調に関しては、前回の記事でも書きましたが、日本語のアクセントに比べると、中国語の声調は、よりその正確性が求められます

日本語では関西と関東ではアクセントが違っても意味は通じるのに対し、中国語では声調を間違って発音すると、相手が正しく聞き取ってくれない可能性大です。

そこで、まずは声調を正しく取る練習をすることが大切になります。

第一声が声調を勉強する際の基準の音程になりますので、そこを基準にして音の高低を調整し、声調を表現します。

また、発声練習とあわせて、声調符号の読み方も覚えておく必要があります。会話のテキストが世の中にはたくさんありますが、そのどれもが、読み方を表すのに、声調符号と下記の記事でご紹介するピンインを採用しています。

③ とにもかくにもピンイン

f:id:ChikaEsaki:20181108141947j:plain

「ピンインピンインて言うけどさ~、できなくてもいーでしょ!そんなん」

と言いたい方もいらっしゃるかもしれません。

でも、もし中国語を体系的に学ぶなら、このピンインの学習は避けては通れません

私たち日本人が、小学校で日本語を学び始める時のことを思い出してみてください(^^)

4月に入学して、一番最初にやった国語の授業は「平仮名を覚えること」だったはずです。なぜなら、漢字を覚えるには、まず平仮名が読めなければ、何と読めば良いかがわからないからです。

中国語もそれと一緒。「ピンイン=漢字の読み方なので、とにもかくにもこれを覚えなければ始まらないのです。

中国語は漢字で表記する言語なので、中国人の方なら大きくなればピンインを使わなくても文章を読めるようになるのですが、幼児や児童向け書籍には、このピンインが振ってあるものが大半です。

④ 基礎的な挨拶や文法を覚える

f:id:ChikaEsaki:20181108142137j:plain

②や③の漢字の読み方をマスターした後は、次の段階として、文章を学習する段階に移ります。

声調符号やピンインを読めるようになると、それらが例え初見であったとしても文章が読めるようになります。

色々なテキストを見ていると、文章を学習すると言っても、最初は、「こんにちは」のような簡単な挨拶や、「私は○○です」といった自己紹介から勉強することが多いようです。

なお、文法については、基礎的なルールさえマスターしてしまえば、パズルを組み立てる要領で、比較的簡単に作文が可能になります。

そう、一度このルールを覚えてしまえば、色んな事に応用ができるようになるのです。

なお、テキストをただ眺めて文法の型を覚えるだけでなく、学習の中にできるだけリスニングを取り入れ視覚&聴覚のダブル効果の刺激を脳に与えるとより覚えやすくなります。

そういった意味では、昔には無かった学習方法として、You tubeの視聴もおススメです!

また、好きな人は華流ドラマを見るのも良いでしょう。中国の本場のドラマは、必ずといって良いほど中国語の字幕が入っているので、耳だけでなく目からも文章を捉えることができます。

また、最も重要かつ効果的な方法として、自分で実際に作文をしてみる、というのもおススメです♪

➄単語を覚えて語彙を増やす

f:id:ChikaEsaki:20181108142217j:plain

先ほど、中国語の文法はパズルのようだと言いました。なので、基本的な文法のルールを覚えた後は、語彙を増やすだけで、色んな文章のパターンを作れるようになります。

「私は○○に行く」という文があったとしましょう。色んな単語を知っていれば、この○○の部分に当てはめて、シチュエーションに合わせて色んな言い換えが可能になります。

我去学校。私は学校へ行く。

我去上班。私は出勤する。

我去上海。私は上海に行く。

我去食堂。私は食堂に行く。

我去他的家。私は彼の家に行く。

なお、単語を覚える際には、「漢字・ピンイン・発音」をセットで覚えることが大切です。

耳から聞いても頭の中にパッと漢字や意味が浮かぶ、またその逆で、漢字で見た時にも、その発音を思い浮かべられるようにしておくのが理想的です。

また、日常会話の中で良く出てくる「成語」や「慣用表現」・「歇后语」などを勉強すると、より表現の幅が広がります。

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181108142255j:plain

繰り返しになりますが、これはあくまでも一般的な方法であり、個々人がどの能力を伸ばしたいかによっても、その勉強方法は異なります。

最初は、自分に合った学習方法を見つけるのも、試行錯誤しながらになります。

正直に言って、語学はその性質上、中長期的な学習が必要になります。

「聞き流すだけで万事オッケー☆」的なことはありませんので、焦らず地道に学習を継続していきましょう(^^)

ただ、万人に効く学習方法は無くても、個々人に応じた効率的な学習方法というのはあります。

私が中国語講師を務めるストアカでも、マンツーマンレッスンで、お一人お一人に合わせた授業を心掛けていきます。

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の学習方法

    【実体験】私がやってしまった、誤った語学学習方法

    語学学習に限らず、人生何事もトライ&エラーです。…

  2. 中国語の学習方法

    知ってびっくり!!? 中国語と英語の違いあれこれ ~発音編~

    前回は、中国語と英語の違いについて、文法的な観点からご紹介し…

  3. 中国語の学習方法

    中国語を学ぶ3つのメリットとは?

    現在、中国語の使用人口は、英語と並んで世界で一・二位を争っています。英…

  4. 中国語の学習方法

    【目的別】おすすめ中国語学習方法

    巷に色々な中国語の学習方法が溢れる昨今。どんな風に勉強したらよ…

  5. 中国語の学習方法

    中国語をこれから勉強するあなたに伝えたいこと~ 発音偏 ~

    私が一番最初に中国語を勉強しようと思ったのは、まだ1…

  6. 中国語の学習方法

    幼児から学ぶ!! 語学習得のコツあれこれ

    我が家には、2歳の子どもがいます。2歳児といえば、よく「イヤイ…

  1. 中国旅行

    【4日目】子連れ北京旅行記
  2. 中国留学

    【友人編】中国留学の思い出①
  3. 中国語の発音

    【必見!】中国語の発音攻略 ~ピンイン編②~
  4. 中国語の学習方法

    中国語を学ぶ3つのメリットとは?
  5. 中国語の発音

    声調最難関!? 第3声の攻略法☆
PAGE TOP