中国語の発音

悩み解消!!中国語の変調あれこれ  

f:id:ChikaEsaki:20181024170100j:plain

せっかく苦労して声調符号やピンインの読み方に慣れてきた初級者を惑わす『中国語の変調』…。

中国語を学習し始めたばかりの人にとっては、「えっ?そもそも変調って何?」という方も多いはず。

「変調なんか気にせずやっちゃえ~!!」と言いたいところですが、この変化の法則は、知っておいて損はありません

完全にマスターするのは、実際に中国語を発音しながら、会話の中で使いながら、でないと難しいです。なので、「こんなのがあるんだな」と、頭の片隅に置いておいていただければ大丈夫です(^^)

…という訳で、今日は中国語の声調変化(= 変調)について、解説していきたいと思います。

① そもそも変調って何?

f:id:ChikaEsaki:20181024170207j:plain

声調が、例外的に変わることを指します。

以前の記事でもご紹介しましたが、中国語には声調というアクセントのようなものがあります。

これらは、第一声から第四声、それに軽声(軽く添えるだけの音)から成っています。

軽く、おさらいしてみましょう♪

第一声平らに発音。音程を変えずに、「あー」と真っすぐ発音する感じ。

第二声:上に思いっきり上がる感じ。不良っぽく聞き返す時の「あぁ?」に近い。

第三声:下に向かって下げた後、少しだけ上がる感じ。残念な気持ちを表す「あーぁ」に近い。

第四声:下に思いっきり下げる感じ。納得した時の「あー、あれね!」の「あー」に近い。

軽声軽く添えるような感じで短く発音。声調符号は付けない。「あ、忘れた」の「あ」に近い。

基本的には、「漢字一文字につき1種類の声調」です。

が、中に例外が存在し、後ろの文字が何声かによって、声調が変化するものがあるのです

次項で詳しく説明していきたいと思います。

② 具体的にどんな変化があるの?

f:id:ChikaEsaki:20181024170234j:plain

第三声 + 第三声 ⇒ 第二声 + 第三声

代表的なのが、日本人なら誰もが知る、超代表的な中国語「你好」。

ピンインを読む時、声調符号は「nǐhǎo」書かれているはずです。

でも、実際に読む時には、これが「níhǎo」となるのです。

これと同様の声調変化が起きる単語は、例として下記のようなものがあります。

例:管理(guǎnlǐ) ⇒ guánlǐ

保险(bǎoxiǎn)⇒ báoxiǎn

减少(jiǎnshǎo)⇒ jiánshǎo

选手(xuǎnshǒu)⇒ xuánshǒu

赤字は実際の読み。ただし、ピンイン表記は、必ず第三声 + 第三声のままで記す

三声が続いてしまうと非常に読みにくいので、こうすることによって、読みやすくしているんですね(^^)

新ゼロからスタート中国語 会話編

■「不(bù)」の声調変化

基本は、第四声ですが、後ろの文字が何声かによって、声調が変わります

第四声 + 第一声 例:不多(bùduō)

第四声 + 第二声 例:不来(bùlái)

第四声 + 第三声 例:不好(bùhǎo)

第二声 + 第四声 例:不看(búkàn)

これについては、三声とは違い、実際の読み方どおりのピンイン表記がなされています。

なので、あまり深いことは気にせず、声調符号どおりに読めば大丈夫です!

これも、四声が続いてしまうと読みにくいので、このような声調の変化が生まれたんですね(^^)

■「一(yī)」の声調変化

前述の「不(bù)」の場合は、四声か二声かの2パターンでしたが、「一(yī)」については、3パターン存在します。

順番を表す時(序数と言います)は、必ず「一(yī)」と一声で読みます。

例:第一课(dìyī kè)/ 一九八四年(yījiǔbāsì nián)

あとは、さっきの「不(bù)」と同じで、後にどんな声調が来るかで、四声か二声か2パターンに分かれます。

第四声 + 第一声 例:一天(yìtiān)

第四声 + 第二声 例:一年(yìnián)

第四声 + 第三声 例:一点(yìdiǎn)

第二声 + 第四声 例:一样(yíyàng)

これも、実際の読み方どおりのピンイン表記になっています

なので、あまり深いことは気にせず、声調符号どおりに読めば大丈夫です!

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181024170337j:plain

こうやって書いてきましたが、最初のうちは、「へー、こんなんあるんだなぁ」くらいで大丈夫です。単語をだんだん覚えていくにしたがって、少しずつ、リズムの引き出しが増えていきます

「なんで同じ漢字なのに、声調が違うんだろう…」と思った時に、「あっ、そうか、そういう法則があったんだよね」と思い出せば良いのです(^^)

最初のうちは、理論で理解しようとすると、返って難しくなってしまいます

会話をやっていくうちに、1つ1つ、リズムを掴んでいけば大丈夫です♪

中国語は、本当に歌のような、詩のような言葉です。吟じるつもりでいきましょう!笑

私が中国語講師を務めるストアカでも、日本人の方に少しでもわかりやすい授業を心掛けていきます(^^)

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の発音

    谢谢が通じない!? 中国語の発音あれこれ

    中国語を全く習ったことが無い人でも、「谢谢」くらいは皆さん知ってい…

  2. 中国語の発音

    【必見!】中国語の発音攻略 ~ピンイン編①~

    前回の記事では、中国語の声調について、その概要をご紹介しました。…

  3. 中国語の発音

    【必見!】中国語の発音攻略 ~ピンイン編③~

    前回に引き続き、今回も中国語の発音関連の記事をご紹介したいと思いま…

  4. 中国語の発音

    【必見!】中国語の発音攻略 ~声調編~

    ※ 2018年10月16日(火)にタイトル変更しました。前回タイトル…

  5. 中国語の発音

    読み方が複数!?多音字あれこれ

    日本語で漢字を読む時、基本的には「訓読み」と「音読み」の二種類がありま…

  6. 中国語の発音

    初心者でも簡単☆ ピンイン「n」と「ng」の見分け方

    タイトルを見て、「ん?何を言っているのかな???」と思われた方もい…

  1. 中国事情

    中国のローカルな美容院でパーマをかけた話 ②
  2. 中国語の文法

    中国語で言ってみる!回数 & 持続時間
  3. 中国事情

    イチから解説!中国の旧正月って何??
  4. 中国語の文法

    中国語ってどんな言葉?
  5. 中国事情

    中国人ってどんな人たち?
PAGE TOP