中国語の発音

【必見!】中国語の発音攻略 ~ピンイン編③~

f:id:ChikaEsaki:20181016161345j:plain

前回に引き続き、今回も中国語の発音関連の記事をご紹介したいと思います(^^)

この間は、母音の中で、難しい発音についてご紹介しました。

そこで、今回は、子音について、詳しく見ていきたいと思います。

早速行ってみましょう♪

① ローマ字読みNGの子音!!

f:id:ChikaEsaki:20181018155538j:plain

中国語の子音は、全部で21種類

その中には、ローマ字読みできるものもありますが、ローマ字読みしてしまっては、絶対に通じないものが存在します。

子音でいうと「q」「x」「z」「c」「s」のみですが、わかりやすくするために、ここでは母音の「i」を付けて説明します。

■「qi」

「うーん、よくわかんないけど『キ』とか?」ってお思いになったかもしれません。

でも、これは「」と覚えてください。

■「xi」

これは日本語でいうと、「」が一番近い発音です。

■「zi」

これは日本語でいうと、「」が一番近い発音です。

「ヂ」ではないので、注意です。

■「ci」

これは日本語でいうと、「」が一番近い発音です。

「チ」ではないので、注意です。

■「si」

これは日本語でいうと、「」が一番近い発音です。

「シ」ではないので、注意です。

上記にご紹介し5つは、どれも「i」で終わっていますね。

これは、口を思いっきり横にひいて発音してくださいね、ということです。

例えば、「zi」であれば、日本語の「ズ」よりも、もっと口を思いっきり横にひくことを意識しながら「ズ」というと、「zi」の発音が簡単に真似できちゃいます。

前回も言いましたが、中国語の発音のポイントは「口の形 + 舌の位置」を意識すること、です。

この場合で言えば、口の形を思いっきり横にひくこと、これを念頭に発音してみてください♪

② 日本語にはない発音の子音!!

f:id:ChikaEsaki:20181018155735j:plain

厳密に言えば、子音のほとんどが日本語にない発音となりますが、でも、そんなこと気にしなくって大丈夫!

たとえば、テキストなどで「有気音」・「無気音」などと出てきても、「無気音は、優しくそっと声を出すイメージね」などと意識しながらやれば平気です。

重点的に攻略すべきは、日本語には、どーやっても近い発音がないものだけです。

下記に詳しく見ていきましょう!

■「zh」

口の形:唇はほんの少しだけ開く。

舌の位置:舌の突端を上の歯茎の裏よりもっと奥に付ける

強いて日本語に近い音で言えば、「音がこもった『ジ』」になります。

ちなみに、子音なので、母音のようにしっかり発声する、というより、「上記の口の形と舌の位置で一瞬息を出す」というイメージになります。

■「ch」

口の形:唇はほんの少しだけ開く。

舌の位置:舌の突端を上の歯茎の裏よりもっと奥に付ける

お気付きかもしれませんが、口の形と舌の位置は「zh」と同じです。

「zh」と「ch」の違いは、「zh」は無気音、「ch」は有気音ということです。

「ch」を強いて日本語に近い音で表すと「音がこもった『チ』」になります。

■「sh」

口の形:唇はほんの少しだけ開く。

舌の位置:舌の突端を上の歯茎の裏よりもっと奥に置く。なお、この時、舌先は、完全には付けない

「sh」を強いて日本語に近い音で表すと「音がこもった『シ』」になります。

■「r」

口の形:唇はほんの少しだけ開く。

舌の位置:舌の突端を上の歯茎の裏よりもっと奥に置く。なお、この時、舌先は、完全には付けない

「r」を強いて日本語に近い音で表すと「音がこもった『リ』」になります。

上記でご紹介した子音は、「i」の母音と一緒に使うことがあります。

ただ、この「i」は、口を横にひかずに、日本語の「イ」と同じ形で大丈夫です。

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181018155817j:plain

これで、難しい母音子音について、全て見てきたことになります。

ただ、この他にも、いくつか覚える読み方のルールがあります。

例:「yang」の「a」は「」だけど、「yan」の「a」は「」と読む、等。

この記事を読んでくださった皆様の中には、今現在、本やCD、You Tubeなどで独学している方も多いかもしれません。

確かに、中国語は、基礎さえしっかりしていれば、独学で学んでいくことが可能です。

ただ、基礎を固める際には、先生について学習することを強くお勧めします。

…というのも、基礎中の基礎である発音の部分で、間違ったまま自己流で進んでしまうと、後でそのクセを直すのに膨大な時間が必要になるからです。

なので、効率的に学習を継続するためにも、最初の最初は特に、先生について自分の発音が合っているのかどうか、1つ1つ確認しながら学習を進めた方が良いと思います。

私が中国語講師を務めるストアカでも、初心者の方でもわかりやすいよう、ご自身のペースに合わせた丁寧な授業を心掛けています(^^)

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国語の文法

    中国語ってどんな言葉?

    前回の記事では、中国の特徴についてご紹介しました。今回は、その中で…

  2. 中国語の発音

    初心者でも簡単☆ ピンイン「n」と「ng」の見分け方

    タイトルを見て、「ん?何を言っているのかな???」と思われた方もい…

  3. 中国語の発音

    【必見!】中国語の発音攻略 ~ピンイン編①~

    前回の記事では、中国語の声調について、その概要をご紹介しました。…

  4. 中国語の発音

    読み方が複数!?多音字あれこれ

    日本語で漢字を読む時、基本的には「訓読み」と「音読み」の二種類がありま…

  5. 中国語の発音

    悩み解消!!中国語の変調あれこれ  

    せっかく苦労して声調符号やピンインの読み方に慣れてきた初級者を惑わ…

  6. 中国語の発音

    谢谢が通じない!? 中国語の発音あれこれ

    中国語を全く習ったことが無い人でも、「谢谢」くらいは皆さん知ってい…

  1. 中国関連書・映画

    おすすめ中国映画5選
  2. 中国ビジネス

    中国ビジネスあるある
  3. 中国事情

    今さら聞けない、中国の一帯一路構想
  4. 中国語の資格

    初心者の方でも取りやすい!!中国語関連資格
  5. 中国事情

    中国のハロウィン事情
PAGE TOP