中国事情

中国でなりがちな3つの病気

f:id:ChikaEsaki:20181003161917j:plain

このタイトルを見ただけで思い出す、中国でなった、あんな病気、こんな病気…。

今日は、これから留学や出張に行くという皆様に向けて、中国に行くとなりやすい病気についてまとめました(^^)

駐在や留学で長期的に行かれる方はもちろん、旅行や出張で短期的に行かれる方も、いざという時のために、頭に入れておくと良いかもしれません!もちろん、渡航の際には必ず保険にも入っていってくださいね~!私は留学中、この保険に随分助けられました。

では、早速中国でなりやすい3つの病気について見ていきましょう♪

① 胃腸炎

f:id:ChikaEsaki:20181003162000j:plain

これはもう、中国に長期で滞在した方なら、1度や2度は経験しているでしょう。

私も、留学していた頃は、何度もお腹を壊しました…。

また、以前働いていた職場の同僚も北京に出張中、日式ラーメンにトッピングとして乗っていた茹で卵で食中毒になっていました。火を通してあっても、あたる時はあたる…。こうなると、もう半分運のようなものです。

恐らく、「油物に胃腸が付いていけなくてお腹が痛い」くらいのレベルだったら、「食欲が無い」とか、「お腹が緩い」くらいで済むのでしょうが、感染性胃腸炎ともなると、「嘔吐・下痢・発熱」などの辛い症状に襲われます。そんな状態で帰国のため飛行機に搭乗することになった同僚のことを想像すると、もはや地獄絵図としか言いようがありません。

留学生であれば、中国人の友人に聞いたり、留学や駐在生活が長い「先輩」に話を聞くなどして、なるべく大丈夫そうなお店で食べると良いでしょう。

私自身も北京留学中、安くて美味しいのでよく通っていた店があったのですが、中国人の友人から「あそこだけはやめとけ!俺はこの間、店員が鼻ほじってその手で料理してんの見たんだから!」と言われて驚愕したことがあります(^^;) 聞く耳を持たず、しばらく通っていたら、案の定あたって病院に行く羽目になりました。地元の人の意見は大事です!

② 肺炎

f:id:ChikaEsaki:20181003162021j:plain

中国の冬、特に北部の冬は、それはもう身に応える寒さです。キーンと身の内まで凍り付くような寒さで、頬や鼻が痛いくらい。それに加えて「空気の乾燥」・「PM2.5などの大気汚染物質」とくれば、風邪をひきやすいのは目に見えています。まぁ、ただの風邪ですぐ治れば良いのですが、体力が弱っている人などは、そのまま肺炎まで進行してしまいかねません

冬だけでなく、春も油断大敵です。色んな汚染物質をもたらす「黄砂」に加えて気を付けたいのが、「柳絮(リウシュー)」です。中国の北部を中心に、春先にはこの「柳絮(リウシュー)」と呼ばれる綿状の種子が、空気中をふわふわと雪のように漂います。これは楊樹(ヤンシュー)と呼ばれる木の種子で、北京にいたことがある人なら「あぁ、アレね!」とすぐわかる最早毎年の風物詩なのですが、これを吸い込むとアレルギーを引き起こすことがあると言われています。肺炎と直接の関係はありませんが、咳や喘息などの症状を引き起こす可能性があるため、これもまた気を付けたいところです。

私自身も、留学に行って1~2か月ほどした春先、なかなか治らない風邪だな~と思って病院に行ったら、マイコプラズマ肺炎と診断され、5日間入院して抗生物質の集中投与を受けることになりました(TдT)

また、入院まではいきませんでしたが、肺炎と診断された友人が他にも何人かいました。

よく「日常的にマスクをかけるのは、世界的に見て日本人だけだ」などと言われますが、体力に自信の無い方は、冬~春の時期にはマスクを持参するなどして対策を取った方が無難だと思います。

 ③ 急性アルコール中毒

f:id:ChikaEsaki:20181003162049j:plain

以前の記事でも書きましたが、中国の宴会は、乾杯の嵐です。

若い人が中心の宴会では、「随意(スイイー)」(ご自由に、の意)と言ってくれることが多いため、自分のペースで飲むことができます。

しかしながら、働き盛りの40代・50代の方が主催する宴会では、そうはいきません。「最後の1滴まで飲み干すのが相手への敬意」とされるため、ビジネスマンなどは、彼らの面子をつぶさぬよう、無理をして杯を重ねてしまいがちです。ですが、アルコールに弱い人などは、これが命取りになりかねません

これは、外務省の海外安全ホームページなどでも、注意喚起がなされるほど、深刻な問題です。この「干杯(ガンベイ)」(文字通り、杯を飲み干すの意)の文化は、より関係を深めるための中国の習慣ではあるものの、これで大事な命を失ってしまっては元も子もありません。

アルコールに弱い方は、予め「アレルギーがある」旨を先方に伝えておく必要があります。

例えお酒が飲めなくても、中国側に受け入れてもらうことは可能です。どうかくれぐれも無理をなさらないようにお願いします!

終わりに

f:id:ChikaEsaki:20181003162119j:plain

色々書いてきましたが、感染症に関して言えば、これってきっと個人の元々持ってる体の強さにもよるのでしょうね…。私自身は、出張先で体調を崩したことは無いのですが、中国留学中には、肺炎やら胃腸炎やら高熱やらで、現地の病院に入院したことも複数回。留学生活でたるんでたというのを抜きにしても、私ほど病気になってる人って見たことなかったです(^^;) 悔しい!小さい頃から水泳もして、中学・高校と運動部に入ってせっせと汗を流してきたのに…!!健康にも超気を遣って、うがい・手洗いを励行しているのに…!!!

今さら嘆いてみても仕方ないので、せめて皆さんは防げる病気は自力で防いで、楽しく元気に中国に行ってらしてください!

また、「A型肝炎」や「狂犬病」など、打てるワクチンは打ってから行く方が安心です。私も、留学前には接種していきました。

備えあれば嬉しいな♡ …じゃなくて憂いなし!

皆さんも万全の備えで、中国での毎日をどうか健康にお過ごしください(^^)

私が講師を務める中国語講座でも、中国でのお役立ち情報について、折に触れてお伝えしていければと思っています。レッスンでお会いできるのを楽しみにしています(^^)

www.street-academy.com

関連記事

  1. 中国事情

    絶対外さない!! 中華料理5選

    中華料理と一口に言っても、その種類は様々です。前に「中国ってどんな…

  2. 中国事情

    爆買いDAY!? 双十一って何の日?

    気付けば、あっという間に10月も終わり…。あれよあれよという間…

  3. 中国事情

    日本でもおなじみ!? 中秋節についてのあれこれ

    まだまだ日中の暑さが厳しいとはいいながらも、朝晩は少しだけ涼…

  4. 中国事情

    中国のローカルな美容院でパーマをかけた話 ①

    《2011年当時 筆者撮影》今日は、最後に中国語に関する解説も…

  5. 中国事情

    新発見!人口動態から見る中国

    中国の人口は、2018年時点で、およそ13.9億人いると言われています…

  6. 中国事情

    中国トイレ事情あれこれ

    「前回の食事の記事からいきなりコレかい!!?」とお怒りの方もい…

  1. 中国語の発音

    谢谢が通じない!? 中国語の発音あれこれ
  2. 中国事情

    日本でもおなじみ!? 中秋節についてのあれこれ
  3. 中国語の学習方法

    【目的別】おすすめ中国語学習方法
  4. 中国事情

    【豆知識】中国人の姓いろいろ
  5. 中国ビジネス

    中国ビジネスあるある②
PAGE TOP